ドラマ

おっさんずラブ in the sky感想はつまらない?佐津川愛美の演技が下手すぎて「ちずがいい」多数!

大人気ドラマ「おっさんずラブ」。

はるたんと牧、そして部長を巡るおっさん恋愛が大旋風を起こしましたが、その第二弾「おっさんずラブin the sky」第一話感想は「正直微妙」「つまらない」との声が多数でした。

中でもヒロイン役の佐津川愛美さんの「演技が下手すぎて辛い」との声も・・。

「おっさんずラブ in the sky」第一話感想!佐津川愛美が微妙で「ちず」がいい!

田中圭さん主演、吉田鋼太郎さんや林遣都さんキャストで大人気を博したドラマ「おっさんずラブ」。

初代ヒロイン役の「ちず」はだーりおこと内田理央さんが演じており、その可愛さはルックスだけではなくキャラも可愛い!とめちゃくちゃ視聴者ファンも多かったのです。


田中圭さん演じる春田(はるたん)の幼馴染であり、実は彼を秘かに想っているも、林遣都さん演じると思い合ってる春田を思って身を引くという切ない役柄・・。

しかし、今回の「おっさんずラブ in the sky」では、ヒロイン役は佐津川愛美さん。

春田の後輩を演じる緋夏役を演じており、春田のことを「はるちゃん先輩」と呼ぶも、なんかくどいししたったらずだし、こいつがメインキャラってしんど・・・!という声が多数。

ちずはめちゃくちゃ可愛かったですからねー!

佐津川愛美さんもとても綺麗な人ですが、やはりもともとの印象が抜けず舌ったらずな演技も「演技が下手」と見られてしまいがち。

また、おっさんずラブファンはアラサー女性も多いので、ぶりっこキャラの佐津川愛美さんよりも、サバサバキャラの内田理央がいい!という声が多いのも納得です。

ただ、男性ファンは「めっちゃ可愛い!」「こんな後輩欲しい」といったところなので、これはこれでありなのでは、って感じなんですかね。



ドラマ「おっさんずラブ in the sky」今後の見所は?第一話の感想は?

初代おっさんずラブに対して、はるたんと部長以外はキャスト総入れ替えの「おっさんずラブin the sky」 。

舞台は航空会社となり、客室乗務員の春田(田中圭)を巡るキャプテンの武蔵(吉田鋼太郎)、副操縦士の成瀬(千葉雄大)と今後ドラマが一気に展開していくでしょう。

第一話では、いきなりバーチー成瀬がオラオラな感じで春田とキスというめちゃくちゃな展開!

武蔵の相変わらずな乙女感も炸裂でしたね!

今回空港が舞台ということで、華やかな女性キャストが多かったためか何だか序盤はのっぺりした始まり方で正直、感想としては「あーおもしろくないなこれ」「微妙。つかつまんない」という声も多かったです。

ただし、最後ではどんどん戸次重幸さん演じるシノさんこと四宮がまさかの行動に・・・。

それを機に「やっぱ面白い!』「これは来週も見ねば・・・」という声が盛り返しましたねー!

でも、、やはり「牧が恋しい」という声も。林遣都くん演技めちゃくちゃうまかったし可愛かったですからね。

千葉雄大さんも素敵ですが、やはり可愛いキャラそのままのイメージなので、物足りないのはわかります!

ただ、第二弾は第二弾で別物として割り切って楽しむのが一番ですね!

「おっさんずらラブ in the sky」、最終回まで目が話せませんね!