恋愛

デートが面倒くさい?会いたいのに会わない恋愛心理を男性・女性別で解説!

デートが面倒くさいと思うのは男女ともに共通の悩みだと思います。今まで楽しかったのにいつになくデートに行くことすら面倒くさく感じてしまうことありますよね?

今回はデートが面倒くさいと思ってしまう理由と、付き合う前と付き合ったあとではどう気持ちが変わっているかを男性・女性別で解説してみたいと思います。

付き合う前にデートが面倒くさいと思うのは

女性の場合

女性が男性と付き合う前にデートが面倒と感じてしまうのは、一つは「プレッシャー」もあると思います。

女性の場合は特に片思いの時が一番キラキラしているもの。素敵な男性とのあれこれを妄想したり、いいところしか見えてない分一番楽しい時でもあります。

しかし、その分「嫌われたらどうしよう」というプレッシャーと恐怖で、そういった精神的な変化に疲れを感じてしまい「面倒くさい」と感じることはあるでしょう。

また、逆に自分はそこまで好きでもないけど相手から好かれている場合、純粋に「相手に合わせるのが面倒」と思っている場合もあります。

女性は得てして合理的思考を持つ生き物ですから、相手をあまり好きではない時に無理に相手に会わせようとして気持ちが重くなってくるから、という可能性も多くあります。

男性の場合

男性がまだ付き合ってない女性とデートする場合は、相手のことをまだよく知らない分「どのようにリードしたら良いのだろうか」と相手を喜ばせる方法を試行錯誤することが面倒になってしまう、というケースはよくあると思います。

「相手のことを考える」という行為は、男女共にまだ知り合ったばかりでお互いの気持ちや相手に対しての好きの度合いが低ければ低いほど、ハードルが高くなりがちです。

口下手だったりもともとリードが不得意な男性であれば、話が合わなかったり次の言葉に詰まってしまったりなど、気まずい思いをすれば次に繋がらない可能性もあります。そうならない様な努力なんてそもそも面倒だし、そこまでするならデートなんかいいや、と感じてしまうこともあるかもしれません。

付き合ってからデートが面倒くさいと思うのは

女性の場合

まだ男性と付き合いたての場合は、女性は常にドキドキして彼に合わせたいと思うもの。

「次はいつ会えるのかな?」「どんな服を着ていこうかな?」と、常にキラキラモードで楽しみにしているものです。

が、ある程度年月が経過すると次のデートがなんだか面倒くさく感じてしまう…。相手に合わせた服装を選ぶのも億劫になってきてしまうものです。

これは二人で会う時間がマンネリ化してきているからかもしれません。

そして相手に嫌われないよう無理して相手に会わせようとしている為乗り気じゃないのに我慢していたりするからではないでしょうか。

男性の場合

男性の場合も、付き合いたての頃は「自分の考えたデートプランを喜んでくれるかな」「次はどこへ連れて行こう」「どんなことをしたら楽しんでもらえるか」など、自分も楽しみで仕方ない状態が続きます。

が、やはり男性の場合も年月が経過するとともにマンネリ化してしまうと、なんだかどのデートも代わり映えしないと思ってきてしまう事もあります。

また好きな気持は変わらないが相手のわがままを聞く気持ちに変化が生じてきているからかもしれません。

男女ともに共通して言えることはマンネリ化してしまうこと、お互い頑張りすぎて疲れてしまっていること、と言えるかもしれません。

何故デートが面倒くさく感じてしまうのか

男性女性ともにデートが楽しいと思う状態とは、相手が好きで次はいつ会えるか、どこへ行こうか、何をしようか好きの度合いが高く、お互いが相手を喜ばせたいと思っている状態だと思います。

しかし、特にまだ付き合っていない状態は相手の事を好きだと思う気持ちがどちらかが熱してなかったり、その他の事に気が気でなく気づかれしてしまう事もあります。また付き合った後も、人間ですから時間が経てばマンネリ化してしまうこともあるでしょう。

女性は毎回男性に気に入ってもらえる様にヘアメイクや服装選びを考えるのが億劫になってしまうこともあるし、頑張っても始めは男性が褒めてくれたのに回数が増えるたびに何も言われなくなり自分も気にしなくなってくる・・。こうなったらメイクしてなくもオシャレしなくても良いのではと思ってしまい面倒くさくなるのではないでしょうか。

 

男性は仕事が忙しいと次のデートプランを考えることが疎かになったり、頻繁に会っているとお金もかかるし、経済的にキツクなってきてこれなら会う日数を減らしたり一人で過ごす方が良いと思ってしまうからではないでしょうか。

マンネリ化の一つに女性は毎回デートの後にホテルへ行くんだろう、なんかイヤだなと言う思い、男性はデートなんかしないでホテルでゆっくりしたいという思い、お互いの思いが変わってきているのもあるんだと思います。

「デートが面倒くさい」と思わなくなる為の対処法は?

ではどうしたらデートが面倒くさいと思わなくなるのでしょうか?

面倒くさいとおもってしまう原因が「マンネリ」なら、そのマンネリを打破する為の努力をおこなうことが不可欠です。

例えば毎週デートを重ねているなら隔週に減らしてみる、など頻度を変えるのも一つです。また、毎回外食やホテルなど出費を伴うようなデートをしているなら、家でまったりデートを考えるなどお金をかけないデートを二人で考えてみたり、逆に毎回インドアで過ごすカップルならおしゃれして外出デートをしてみるなど、いつもと雰囲気を変えてみるのはいかがでしょうか。

慣れない作業でついつい「面倒」と感じてしまいがちですが、お互い好きだと思う気持ちに変わりがないのならマンネリ化をどう乗り越えるのか考えてみると良いかもしれません。

また、どうしてもデートの約束が面倒くさいと思い始めたら、思い切ってうまく断る理由を作ってみるのも一つです。

例えば前日から体調不良でうつると悪いからとか、突然親から幼児を頼まれた等何か理由を作ると相手に嫌な思いをさせることなく断れるし一人になる時間も作れます。「約束しちゃったし」といやいやデートを続けても、嫌な気持ちというのは自然と伝染してしまうものなので、たまには少し時間や距離を置くと新鮮味も出てくるかもしれません。

ただ、もちろん断り続けては関係が破綻してしまうのでご注意を。

また、デートが面倒くさいと思うようになってしまうということはターニングポイントでもあります。一度お互いを見つめなおして、素直に話し合ったり、気持ちをぶつけてみる方法を探してみるとよいと思います。

今回は以上です!